2014年12月31日水曜日

こんな大晦日

NewImage

ムスメには、父親が、こう見えているらしい。
しかも、結構、特徴をとらえてる……
(「いつも、メガネがないね」と指摘すると、「だって、めがねはずしてるとき、あるやん!」と、思いっきり関西弁で叱られた)

実は、今年の年末年始は、初めて家族で埼玉の実家に行く予定だったのですが、こちらは先方の都合でキャンセルになり、その代わりにお邪魔する予定だったヨメの実家は、今度は、昨日からのムスコの発熱で、結局、オトコ2人で大晦日を過ごしています。

自宅で年末年始を過ごすのも、家族別々で年末年始を過ごすのも、子どもができてからは初めてです。
確かに寂しい感じはしますが、もう、スグに訪れるであろう、少し先の未来のシミュレーションと思っています。

幸い、大事にはいたらなそうなので、ムスコには早く回復してもらい、オトコ親ならではの、あまりカラダにはよくないから普段は食べられない辛ジョッパイモノで、オトコ同士の年始を祝いたいです(笑)。

「ソウル」を感じて演奏する

吹奏楽部(団)というのは、特にお祭りを中心に、地域のイベントみたいなモノに呼ばれる機会が多くあります。

で、その際、吹奏楽を知らないみなさんでも楽しんでもらえるように、アニメドラマ映画主題歌テーマソングを演奏するコトが多いのですが、自分が子どもだった時、おじさん達(失礼)が演奏するそれらの曲は、どうも、もうひとつツマらなかった(大失礼)記憶があります。

しかし、その原因は明らかで、演者達が、その元になっているアニメ(なり)を知らないどころか、原曲すら聞いたコトがなく、単に、楽譜だけを見て演奏しているからなのです。

我々ミュージシャンがそれらのヒット曲を演奏する場合、主に、3つのパタンがあると思います。

1 楽譜だけを見て演奏する。
2 CDを借りるなりダウンロードするなりして、原曲を聞いてから演奏する。
3 さらに、その曲だけでなく、その元の作品まで見て演奏する。

実際に楽器を演奏しない方でも、3に向かうにしたがって、演奏がよりアツくなるのは分かっていただけると思います。

では、それはどうしてなのでしょう?

自分には全くできませんが、専門的な教育を受けたヒト達にとって、ある曲を楽譜にするコトは、比較的に簡単にできると思います。
そして、その結果できる楽譜は、おそらく、ほとんど同じモノになると思います。

しかし、逆に、同じ楽譜を違うヒトが、いや、同じヒトが演奏した場合ですら、無限のヴァリエーションが生まれます。
それは、音楽を楽譜にする間に、元の音楽に含まれる膨大な量の情報が削られてしまうからです。

もちろん、音楽の楽譜化、つまり、デジタル化による恩恵は多い訳ですが、例えば、楽譜は、元の音楽の音色すら、完璧に記述できません。
ましてや、その曲の空気気分等は、言わずもがなです。

なので、個人的には、演者の中に、それらの楽譜化で失われた情報を、あらかじめ別の方法でインプットしておくコトが必要なのかなと思いますし、その程度の努力(というには、楽しいコトですが)は、当然だと思います。

さて、では、次の段階として、2と3の間には、違いはあるでしょうか?

確かに、音楽的には、原曲を聞いていれば、元曲の雰囲気により近づいた演奏ができるはずです。
しかし、その演者の中に、さらに、「あまちゃん」なり「アナ雪」なりの作品そのものがあるかどうかは、明確にコトバでは表現できないにせよ、やはり、演奏が違ってくると思うのです。

それが、漠然としていますが、その曲に込められた「ソウル」だと思いますし、それを表現する(できる)コトが、これだけコンピュータが発達した現代に、人間が演奏する意味ではないでしょうか?

もちろん、新曲をセットリストに加えるたびに、元の作品に立ち戻って全て鑑賞するのは難しいと思います。
ただ、ヒット曲を演奏する機会が多い以上、その演奏を聞いてくれるお客さんの中にはその作品があるコトが多いコトを思えば、こういった視点も、多少、必要ではないでしょうか?(て、誰に向かって言ってるんだ?(笑))

まぁ、それでも、まだアニメやドラマだったら、著作権の問題はともかく、これだけ動画サイト全盛の時代なら、以前とは比べ物にならない程、容易に見るコトが可能になりましたが、これまた、お祭り定番の昔の歌謡曲(懐メロ)を、今の学生さんが吹くというシチュエーションだと、当時の雰囲気までつかむのは、なかなか難しいと思いますが……

ユッフォ!!

2014年12月30日火曜日

「デザイン」は誰のため?

この季節、コンビニホットコーヒのお世話になっている方も多いかと思いますが、そんな中、少し前ですが、こんな記事。

痛いニュース(ノ∀`) : 【画像】 かっこいいデザインにする→利用者が分かりにくくなる→貼り紙されてデザイン崩壊 - ライブドアブログ

#セブンカフェの様子 が各店舗の工夫いっぱいで面白い - NAVER まとめ

この記事を読んでから、いろんなセブン-イレブンに立ち寄るたびに見ているのですが、確かに、各店舗で独自の(というか、独特の)工夫をされています。

スタイリッシュ過ぎて、かえって使うヒトにとって不便になっているという例は、他にも多く見られるような気がします。
よくあるのが、シンプル過ぎて分かりにくいというパターン。

例えば、某図書館について、個人的にはそのミニマムな内装は好きなのですが、初めて来る方には分かりにくいようで、そういう声が多いと、やはり、より目立つように、さらに大きな掲示をせざるを得ません。
しかし、すでに完結されているデザインの上に、あとから素人の職員が付け足すので、どうしても、見た目上はアレになってしまいます。

まぁ、それでも、利用者にとって便利になっていればまだ救われます。
中には、同様な苦情があっても(そして、職員もそのとおりだと思っても)、設計者の意向で、イスひとつ元の位置から動かすコトができない超巨大図書館もあるとかないとか……(微笑)

それこそ、ド素人の自分が言うのもなんですが、おそらく、本当に優れたデザインというのは、「分かりやすさ」(使いやすさ)と「カッコよさ」を兼ね備えているのだと思います。
ただ、それは、冒頭の例にもあるように、大きな実績を残しているデザイナのヒトですら、そう簡単にはできません。

いずれにせよ、どうしても作る側の都合で提供してしまいがちですが、できる限りユーザ・サイドの視点に立って考えるのが大切なのかと思います。

さて、年を越えて抱えているデザイン関係の仕事。
来年、果たしてウマく行くのでしょうか……(笑)

ユーフォ&サックス!

京アニ新作は吹奏楽アニメ! 「響け! ユーフォニアム」2015年4月開始 - ねとらぼ

響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~│宝島社

ごく一部の関係者向けに(笑)。

と言いつつ、ボクも"経験者"
その後、テナーサックスになった訳ですが、こちらはこちらで、昨日、こんなマンガがあるのを知りました。

BLUE GIANT 公式サイト

いずれも未見でザンネンですが、しばらく遠ざかっているとはいえ、ついつい気になってしまいます。

……さすがに、EWIマンガはないか(笑)。

2014年12月29日月曜日

「1日1食」は、もう古い?

一流アスリートが「朝食を食べない」理由。 実践したら、なぜかわかった |食の安全|現代ビジネス

結婚を機に減量を思い立ち、いわゆる朝食を抜くようになってそこそこ経ちますが、今のトコロ、よく言われる「しっかり朝食を食べないと、ちゃんとアタマが働かない」という問題はないようです(まぁ、元から働いていなかったという疑いはありますが)。

で、実質的に「1日2食」になっていたのですが、次に気になったのが、自分が最も敬愛する作家である森博嗣さんが長年実践され、最近では、南雲先生で有名になった「1日1食」

ただ、お2人の実績を見ていれば非常に興味もわきますが、しかし、まぁ、さすがに1日1食は……と思っていたトコロ、職場でこんな本をチラ見。

Amazon.co.jp: やってみました! 1日1食: 船瀬 俊介: 本

この本には、ビートたけしさんタモリさんをはじめ、錚々たるメンバが「1日1食家」(?)として、列挙されています。

そうなると、自分の根本にある「ミーハー体質」が、がぜん、疼き出します(笑)。

で、結果からいうと、もちろん、休日のような例外はありますし、どうしてもお腹が減ってしまう時もありますが、基本的に、以前のように、毎日ごはんを持って行っておかずを買ってという、ちゃんとした(?)昼食は食べないようになりました。

つまり、「なんちゃって(死語)1日1食」

もちろん、育ち盛りの子ども達や、カラダを使うお仕事の方々には全く勧めませんが、基本的にずっと座りっぱなしで仕事をし、年齢的にも、いつしか初老の段階に達している自分にはこれで十分なのかもと思う一方、自分がこんなコトができるのも、残る1食について、毎日、ちゃんとした夕食が食べられる(作ってもらえる)からだなぁ、と改めて感謝していたトコロ、なんと、ついに、こんな記事に遭遇。

【2014年最高の奇書】不食のすすめ。ー 「食べない人たち」どうすれば人は食べないで生きることができるのか。 - いばや通信

ついに、時代は「1日1食」から、「不食」(全く食べない)の段階へ(汗)。

いやいやいや、と。
ちょっと待て、と。
いくらなんでもこれはムリでしょう……と思いつつ、さっそく本書を読んでみると……

できるかもしれない(大汗)。

まぁ、若干、オカルト・チックと思われかねない表現もありますし、もしかしたら、筆者の方達は単に特異体質なのかもとも思いますが、筆致は冷静ですし、実際、社会的にも活躍されておられる方々です。

もちろん、誰も食事をせずに済めば、それこそ餓死もない訳ですし、もし、可能だとしても、そんな簡単なコトではないでしょうが、一方で、いろいろ考えてしまいました。

もし、本当に食べないで生きていくコトができるなら?

例えば、我々の「仕事」について、「食うに困る」とか、「そんなコトで、食べていけると思っているのか!」という表現がありますが、それはつまり、「生きていくコト」の中心に「食べるコト」があり、仕事とは、その直接的な手段だと考えられている訳です。

それが、もし、食べずに済むなら、生きていくために、仕事をしなくてもよいコトになります。
もちろん、生活は食費だけではないですし、家族があれば、自分さえよければいい訳ではないですが、少なくとも、これまでよりは、仕事に対して柔軟な姿勢がとれるようになるのではないでしょうか。

また、そのコトとも関連しますが、以前、前出の森さんの本で、「1食食べると3時間の睡眠が必要になる。だから、一般的なヒトは約9時間の睡眠が必要」という記述を読んだのですが(いつものごとく、出典不明ですいません)、この本によれば、不食だと、1日2時間の睡眠で十分とのコト。

つまり、現代人の大きな(最大の?)悩みである「時間がない!」も解決できます。

よく考えれば、この本にもあるように、食事には、実際に食べる時間だけでなく、メニュを考え、材料を買いに行き、作り、後片付けをするという、それにまつわる膨大な時間がかかっています。

それが、全て、不要になる。

「時間を作るためには、なにかを止めなければいけない」とよく言われますが、自分の生活を何度も振り返り、もう、これ以上、削る時間なんてないよ……と思っていたトコロ、まさか、それが食事だったとは(笑)。

もちろん、食事は、単に空腹を満たしたり、必要な栄養摂取をするだけの行為ではなく、これ以上ない娯楽喜びでもある訳です。
でも、その部分は、美味しいものを少しよばれればいい訳ですし、そうすれば、エネルギィ問題無益な殺生も、だいぶ緩和されるのではないでしょうか。

まぁ、もちろん、そんな単純には行かないわけですが、ひとつの可能性として、ご紹介。
「できると思っても
できないと思っても
あなたは正しい」

ヘンリー・フォード

2014年12月28日日曜日

忘年会

今日は、いつもの楽団一家と、我が家で忘年会でした。

そして、メインは、カニ鍋!

NewImage

……いや、普通、そういうコトじゃない……

座りっぱなし生活の弊害

「座りっぱなしの生活」が健康や寿命に与える恐るべき悪影響の数々とは? - GIGAZINE

仕事中は、ほぼ座っているので、モロに「1日6時間座っている」生活が、1年どころか、もうすでに何年も続いています(汗)。

それが原因かわかりませんが、毎年の健康診断で、どんどん血圧が下がっていますし、、自室で手袋が必要なくらい、手が冷えます。

スタンディング・デスクかぁ……
(ちなみに、以前、同じ理由で、職場のイスをバランス・ボールアーロン・チェアにしようとして、許可が出なかった経験あり(笑))

2014年12月26日金曜日

「手裏剣戦隊ニンニンジャー」

手裏剣戦隊ニンニンジャー:戦隊シリーズ新作は忍者が妖怪退治 - MANTANWEB(まんたんウェブ)
手裏剣戦隊ニンニンジャー ...

手裏剣戦隊ニンニンジャー|テレビ朝日

「妖怪」というあたりが若干アレですが、コンセプト自体は、ムスコ達よりも、むしろ、我々お父さん世代狙いのような(笑)。

それにしても、「トッキュウジャー」から、もう、1年とは……

最近は、1年も続くドラマ(4クールつーんスか?)なんて、大河ドラマくらいしかありませんが(よく知らないけど)、子ども向けとはいえ(だからこそ?)、それだけの期間続けられる世界観テーマの構築が非常に困難なのは、容易に想像できます。

いずれにしても、楽しみ。
今や、大手を振って見られる環境となったので(笑)。

インフル休暇2日目

NewImage

今日のランチは……なんだ?

一応、ムスコには、「オレンジごはん」と呼ばれている謎のオリジナル・メニュですが、なぜか、ムスメには思いの外、評判がよくて、一安心。

……というか、食べ過ぎ……

なぜ名店の味は"落ちる"のか?

本当にありがたいコトに、京都には、全国からわざわざ訪れるヒトがいるような有名ラーメン店が何軒もある。

ただ、ザンネンなコトに、どんなに評判でも、実際には行くコトができていないお店がまだまだ何軒もあるので、職場等で、

「あ〜、あのお店に行ってみたいなぁ」

等と独り言を言っていると(おいおい)、たいてい、

「あっこも、昔(昔って)はウマかったけど、最近は味が落ちたなぁ」

と言うヒトが、周りに必ず現れる。

もちろん、たまたまそのヒトが、そんなドヤ体質だっただけかもしれないが、しかし、こう何人もいるコトを思うと、どうもそれだけではなく、少なくとも本人は、本当にそう感じているのだろうと思ったりする。

では、なぜ、こうもことごとく、有名になったお店の味は落ちる(落ちたように感じる)のだろう?

あるお店が一気に有名になり、その結果、「味が落ちた」というと、一般的には、儲けを多くするために材料の質を落としたんじゃないかとか、回転を上げるために作る工程で手を抜くようになったんじゃないかとか思うだろう。
つまり、問題は店側にあると考える訳だが、果たして、本当にそうだろうか?

初めて評判のお店を訪れる時は、もちろん、味に対する期待(ワクワク)もさるコトながら、お店の雰囲気や、注文方法すら分からない状態(ドキドキ)である。
さらに、初めて食べるため、良いにせよ悪いにせよ、インパクト感動がある。

当然のコトながら、2回目以降はこれらの要素がなくなるか、少なくなる。
つまり、簡単に言うと「慣れ」な訳だが、これによって、どうしても、最初に感じた新鮮な驚きがなくなり、これが「味が落ちた」ように感じるひとつの原因ではないだろうか。

まぁ、毎日ご飯を作ってくれているヨメに、心底呆れられるほどの味音痴の自分が言っても説得力がないが(苦笑)。

ともかく、そんなコトを考えつつ思うのが、それこそ、本当の昔からずっと続くお店や、人気のあるお菓子なんかのコトである。

よく聞くハナシだが、我々が子どもの頃から今も変わらずあるお菓子等は、上記のような問題を回避するため、お客さんには気づかれないように、常に少しずつ改良されているという。

つまり、「変わらぬおいしさ」のためには、常に変わらなければならないというパラドクス(← 使い方、合ってる?)。

まぁ、それを、黙っていられずに、つい自分で「さらにおいしくなりました」と言っちゃうトコもあるけど、いずれにせよ、常にユーザ時代の要請に応え、変化を続けないと、「変わっていない」とすら思ってもらえないのである。

逆に言うと、「停滞」「後退」なのである(あ、ちょっとウマいコト言った)。

で、もちろん、このコトは、食の分野だけではないはずで、一度訪れたお店やサービスが、何度経験してもいつも素晴らしいと思ってもらうためには、常に変化し、改良し続けられなければならない訳である。

それを、面倒と思うか、やりがいがあると思うか、でしょうか(笑)。

2014年12月25日木曜日

「もうひとつの京都、行こう。」

「もうひとつの京都、行こう。」3つの京都観光プロジェクト始動!/京都府ホームページ

最近、αステーションを聞いていると、よくここの曲が流れているのですが、最初に聞いた時は、あまりよく曲の説明が聞き取れず、「京都府のキャンペーン」とだけ聞こえたので、

「あ〜、ヴァイオリンのヒトを起用すると、結局、みんな、葉加瀬太郎みたいって思われるよなぁ……」

と思っていたら、なんと、ホントに葉加瀬太郎さんでした(笑)。

まさか、そんな大物を起用するとは。
京都府の本気度が伺えます。

それにしても、このムービ、もちろん、そうじゃないヒトにも響くのでしょうが、おそらく、結婚の経験がある方には、さらに威力倍増だと思います。

思わず、ちょっと、涙ぐんでしまいました(笑)。

仕事で行った場所が多く写っているので、嬉しいです。
むしろ、自分は、「もうひとつの京都」の方が、たくさん行ってるかも(笑)。

オーダーっ!

NewImage

今日のランチは、インフルエンザで休んでいるムスメのリクエストで、オムライ……ス?

2014年12月24日水曜日

そして、今日も

NewImage

昨日に引き続き、今日はなんと、自分のトコロにリアル・サンタが来てくれました。

昨日もそうですが、全く予想もしていないトコロからのプレゼントというのは、それだけで、嬉しさ倍増ですね。

本当にありがとう。
とりあえず、極寒自室でします(笑)。

2014年12月23日火曜日

リアルサンタ

NewImage

今日の夜、ホンモノのサンタさん(2人組)が、我が家のチビっコ達のために、プレゼントを持ってきてくれました。

本当に、ありがとう!
(多分、見てないけど)

我が家のクリスマス

カレンダの関係で(笑)、今朝、我が家に、一足早くサンタさんが来ました。

NewImage

ムスメは、兄に触発されてからか(というか、兄自身は、ビビって、ほとんど乗ってないんだけど)、以前から欲しがっていたピンク自転車(正確には、違いますが)。

そして、ムスコは、これまた欲しがっていたオセロと、「園児」から使えるという触れ込みの国語辞書

さらに、朝食は、ヨメお手製のケーキでした。

NewImage

で、いつものごとく、自分を筆頭にケーキのデキを絶賛していると、パティシエ曰く、

「実は、発酵が、もうひとつだったんだよね……」

とのコト。

そこで、さっそくムスコに、

「"発酵"って、何や?辞書にで調べてみ!」

というコトに。

しかし、ここでその項目が立っていないと、初めて辞書を手にしたムスコの、辞書というアイテムに対する信用がなくなってしまう危険もあったのですが、そこは、さすが、小学館。子ども用でも手抜きはありません。
はっこう【発酵】こうぼ菌や、乳酸菌などのはたらきで、米・麦・豆・果実などが分解して、アルコール・酸類・二酸化炭素などができること。
……これに辞書がいるわっ!!

【追記】
実は、ムスメには、おまけに、100均福笑いシールブックもありました。

そして、ムスメの作品。

NewImage

「あきらめの〜な〜つぅ〜♪」

……ていうか、なんで知ってるんだ?(笑)

2014年12月22日月曜日

クリスマス会

土曜日は、保育所クリスマス会でした。

実は、あいにく当日は出勤日にあたっていたため、当初は、参加しないつもりでした。

自分が子どもの時は、父親が仕事で学校等の行事に来れないというのは、会社に求められているというか、社会に貢献しているというか(そこまではっきり言語化はできていませんでしたが)、とにかく、カッコいいと思っていたため、むしろ、嬉しかったです(もちろん、恥ずかしいのもありますが)。

なので、ムスコもそうかと思い、念のため、本人に聞いてみると、予想に反して、

「練習してるから、絶対見に来て!」

とのコト。

それならば、というコトで、職場のみなさんヨメに、(いつもながら)ムリを言って、できる範囲で参加するコトにしました。

まずは、ムスメの登場。
セットリストは、お歌手遊びだったのですが、さすがに去年とは違い、砂かぶりにいる両親に気付きながらも、全く緊張するコトもなく、完璧なパフォーマンス

しかも、センタ

一方、ムスコは「創世記」聖劇
「創世記」の演劇上、最も難しいとされる(笑)「象」を熱演。
こちらも、堂々たる演技で、万雷の喝采を浴びていました。

ムスコの降壇の直後に職場に向かったため、残念ながら最後まで見ることはできませんでしたが、みなさんのお陰で、2人の勇姿を見ることができました。

出来・不出来はともかく、一生懸命やっている姿は、やはり、嬉しいです。
素直に、ムスコの言うコトを聞いて、正解でした。

さて、それはともかく。

クリスマス会は特別な日なので、ムスメは、いつもよりも少しだけ女のコっぽい格好で登園したのですが、他のお母さん方がムスメに会うたびに、さかんに、

Hちゃん、カワイい!」

と言っていただくのは非常にありがたかったのですが、そのうち、直接、ムスメに会っていないお母さんにまで、

「なんか、Hちゃん、スゴくかわいい格好してたらしいですね」

と言われる事態に。

一体、普段、どんな風に見られているのか……

2014年12月15日月曜日

「さんたさんへ。」

NewImage
さんたさんへ。
くりすますの
ときぷれぜんと
くれてありがとう。
ことしも
ぷれぜんと
もってきてね。
Kより。
お互い、品目を限定されずによかったですね、さんたさん(笑)。

2014年12月14日日曜日

冬のバーベキュー

昨日は、楽団恒例バーベキューに、久々に家族で参加してきました。

え?この真冬にバーベキュー?

と思われると思いますが、自分も数年前、最初にこの企画を聞いた時には、全く同じように思いました。

しかし、半信半疑で参加してみると、実は、バーベキューって、炭火を使った遠赤外線のため(よく知らない)、ただでさえ暑い夏にするより、冬の方が非常にあたたかく感じられますし、言うまでもなく、場所も空いています(実際、昨日も我々の貸し切り状態でした)。

いかに固定観念て恐ろしいモノか。

……まぁ、サムかったんですけどね。

それはともかく、今回も、兄貴的存在の団員が全面プロデュースで全て取り仕切ってくれ、他にも、手作りパンケーキを持ち寄ってくれたり、その場で、みんなに温かい豚汁コーヒーを振る舞ってくれる団員がいたり……

もう、何度も「幸せ……」とツブやいてしまいました。

かくいう我が家は、チビっコ2名を提供(?)。
しかも、こちらも他の団員にめちゃくちゃいっぱい遊んでもらい、我々も、久々にゆっくりくつろいで、団員との会話を楽しめました。

そして、そんなみなさんのお陰で、マシュマロココアの味を知ってしまい、また、初めて和式トイレでのも経験し、1日で、非常に大きく成長した我がムスコ

そんな訳で、これ以上ないくらい、おいしくて素晴らしい時間だったのは言うまでもないのですが、いつも楽団の行事に参加する時に感じる特別な感情、安心するというか、心からリラックスするというか、を、今回はいつも以上に強く感じました。

単なる友人とは言い切れない、もっと特別な存在。
エラいモノで、ほぼ初めて会った、自分が休団してから入団された新しい団員さんたちにも感じます(これは、まぁ、一方的だと思いますが(笑))。

そんなみんなに会うたびに、いつも、何か貢献したいと思うのですが、自分には、みんなに与えられるような、特別なモノもチカラもないのがもどかしい……
まぁ、今のトコロは、安心して、ヨメに参加してもらうコトですね。

とにかく、ありがとうございました!
本当は、みなさんにメールをしたかったのですが、この場を借りて。

……決して、この理由ではありません……(笑)

2014年12月12日金曜日

「面倒くさい」とは何か?

なんと言ったらいいのだろう、あの、「面倒くさい」に伴う独特の不快感

そうだなぁ〜、たとえば、今なら年賀状(おいおい)。

ともかく、自分を含めた自称「面倒くさがり屋」のみなさんは、なるべく面倒くさいコトは避けようとすると思うが、朝の書架整理等で、職場の本棚をパラパラと見ているだけで、

「ダメだよぉ〜、その面倒なコトこそ、やらなきゃダメだよっぉ〜っ!」

と、ラモス、もしくは欽ちゃんのように訴えかけてくる本がいくつも目に入ってくる。

たとえば、その名もズバリ、面倒だから、しようという渡辺 和子さんのベスト・セラには、
人には皆、苦労を厭い、面倒なことを避け、自分中心に生きようとする傾向があり、私もその例外ではありません。しかし、人間らしく、よりよく生きるということは、このような自然的傾向と闘うことなのです。したくても、してはいけないことはしない。したくなくても、すべきことをする。自由の行使こそは、人間の主体性の発現にほかなりません。
とあり、また、別の個所には、
かくて私は、学生たちに「『面倒だからしよう』と呟いて、『しようか、どうしようか』と迷う時には、してごらんなさい。きっと、その積み重ねが、あなたがたを美しくしてくれるから」と話しています。
とあります。

また、サービス業界のコンサルタントをされている江澤博己さんが書かれたちょっと面倒なことがあなたを変えるという本には、こんな一節が。
つまり、「ちょっと面倒なこと」をやってみると、本当に、びっくりするくらいクレームの数が減る。
(中略)
そのうち、ぼくは考えるようになる。
-自分の心に引っかかる「ちょっと面倒なこと」。それを順番に、意識してやっていけば、自然と、仕事も人間関係もうまくいくようになるんじゃないだろうか-。
さらに、松浦弥太郎さん今日もていねいに。には、一層ツッコんで、こんな記述が。
しあわせになりたい、成功したいのなら、
口癖になっている「面倒くさい」を言わないことです。
「面倒くさい」ことにこそ、あなたらしさの表現があり、
ほんとうの楽しさがあり、得られる収穫があるのです。
「面倒くさい」ことを避けてはいけません。
「面倒くさい」ことだからこそ、まっすぐに向き合って、
存分に楽しみながら、誰よりも一生懸命に行いたい。
しあわせと成功の秘訣です。
う〜む……

つまり、「面倒くさい」とは、その行為に十分に価値があるコトは分かっていて、かつ、そのやり方や、その行為を遂行する能力が自分にはあると分かっているのに、なぜか、ヤル気だけが起きない時に感じる感情なのではないでしょうか。

だから、面倒くさいコトこそやった方がいいのでしょうが、では、なぜ、「ヤル気」が起きないのでしょう?

それはもちろん、その行為自体がツラかったり、シンドかったりする場合もあるでしょう。
しかし、それ以上に、実は、その行為をしても、なんの刺激もないコトが大きな原因ではないかと思ったりします。

そう思うと、「面倒くさい」と「あたりまえ」の関係も見えてくるような……

まぁ、いろいろ御託を並べても、結局、自分が実際に行動を起こさなければ、何も解決しない訳です。

ボチボチ、住所書きでも始めますか……(涙)

2014年12月9日火曜日

恐るべし!京都ラーメン

京都に行ったら絶対食べたい!京都市激ウマラーメンベスト10

独身時代は一時期、ほぼ、毎日のように新しいラーメン屋さんを探して食べていましたし、今でも、かつて程ではないにせよ、スキを見つけては行くようにしているのですが、それでも、ここに取り上げられているお店は、ほぼ全店、行ったコトがありませんでした。

なんという豊潤さ!!

まぁ、当時も、自分の中で一乗寺サンクチュアリとして、最後までとっておいた部分はあるのですが(なぜ?)、あのあたりは、京都(日本?)屈指の人気本屋さんもありますし、鴨川沿いと並び、いずれは住んでみたい憧れの土地ですね。