2022年1月21日金曜日

「コスモのとん平丸」

 
今回は、動画用のイラストも描いていたため、しばらくあきましたが、ボカロチャレンジ第8弾
今年初アップです。

この曲は、大学院生の時に住んでいた寮の寮祭で上演されたオリジナル演劇のための主題歌として作りました。
しかし、当時付いていた歌詞を忘れてしまったため(演劇のタイトルは「スプリングマン」で、冒頭の一節だけそのまま使っています)、今回、自分が中学生の時から描いている漫画『コスモのとん平丸』がアニメ化され、その主題歌というテイで作り直しました。
 
とは言え、一見してお分かりのとおり、『風魔の小次郎』『伊賀野カバ丸』、はたまた『陽あたり良好!』などの非常に強い影響を感じますが、本編を読んでいただくと、さらに多くの漫画をパクっています(あ、言っちゃった)。
ただ、動画にも出てくるメインの登場人物は、全員、ボクの小中の同級生がモデルです。なので、地元には、今回の動画で狂喜する友人が確実にいるでしょう(2人くらい(笑))。

ボクらが子どもの頃に熱狂したヒーローモノの曲をイメージしていますが、レファレンスしたのは、なんと(?)、「「エキセントリック少年ボウイ」のテーマ」
今回、改めて聞き直しましたが、やはり、あのお2人は天才ですね。

2022年1月1日土曜日

あけましておめでとうございます!

みなさま、あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
 
……もう、例年恒例の書き出しですが、まぁ、しかし、これに尽きますよね(笑)。
 
今年のお正月こそ帰省するつもりだったのですが、結局、直前になって京都東京感染者が増え、持って行って持ち帰ってくるリスクを考えると、非常にザンネンですが、見合わせた方が良いだろうと判断しました。
 
とはいえ、子ども達は、例年どおりヨメの実家にお邪魔していますので、おそらく、子どもが産まれて以来、初めて(つまり、ひと干支ぶり?)の2人での年越しとなりました。
おかげで、めっちゃおいしく幸せに年を越せました。
(そして、お尻を叩かれるヒト達もなかったので、安心して剣玉を堪能しました)
 
昨年は、仕事では、初めて本格的な司書相手研修講師を(オンラインで)務めたのと、職場を紹介するテレビ番組出演したのが大きなできごとでした。
ただ、やはり日々の対応に追われ、新しいコトやるべきコトにほとんど着手できませんでした。
物理的な意味だけでなく、利用者の行動に反応するという意味でもカウンタ業務なので、事前の準備や予想ができず、突然、事が起こります。
みなさん、どうしているのでしょう……?
 
個人的には、1年間、休むコトなくKたくんの連載ができたこと、ショートショートを公開したこと、そしてなにより、ボカロPとして楽曲作成に参加し、また、オリジナル曲YouTubeデビューを果たせたのが大きかったです。
あと、なぜか町内会会長になったりとか……(涙)
 
しかし何よりも、家族全員元気楽しく過ごせたコトがありがたく、幸せなコトでした。
ムスメには、いろいろ拒否られるようになってきましたが……)
ホント、年を経るごとに、つくづくそれが一番だと思うようになりますね。
 
今年の目標ですが、仕事では、年明け早々から非常に大きな事業があるので、まずは、それを軌道に乗せるコトが一番です。
個人的には、現在はまた少し貯める時期になっていますが、やり方が分かったので、今年はもっといろいろ公開できるかと思います。
また、本当にひっさしぶりに、再びバンドもできればと画策しております。
 
というコトで、新しい年が始まりました。

今年もみなさまには、色々お世話になると思います。
改めまして、家族一同、どうぞよろしくお願いいたします!
(こちらも、毎年恒例)

2021年12月4日土曜日

「Don’t Cry」

 
またもや1週間でのリリースができました。
しかし、さすがにネタが……(笑)

この曲は、院浪してた頃に作りました。
夏の試験に合格し、手っ取り早く学費を稼ぐためにしていた警備員のアルバイトで、線路の脇に立って旗を振っていた時に考えていたのを、今でも思い出します……(涙)

今回もハッキリとしたレファレンスはないのですが、やはり、Asia の「Don't Cry」は念頭にありました(全然似てませんが)。

あと、歌詞は今回改めて考えたのですが、ここ10数年で、最も、

「Don't Cry!」

と叫びたくなったことが題材となっています。

さて、なんでしょう?(笑)

2021年12月3日金曜日

ショートショートガーデン


 以前、ムスコが毎日のように作品をアップしており(もう、過去の話です(笑))、最近、ムスメムスメのお友達がやり始めたので、それに刺激されてアップしました。
 
ショートショートについては、過去にはいくつか書いていたのですが、その後、アイディアは浮かぶモノの、どうしてもその文字数まで膨らますことができず、お蔵入りになっているものが何本かありました。
 
……単に、短くすればいいだけのハナシでした(笑)。
 
ショートショートガーデン字数制限400字なのですが、これが良い感じです。
 
しばらく続けばいいのですが……

2021年11月28日日曜日

「Lonely Tonight」

またまたまたまた、1週間でのリリースができました。
ある意味、年末進行です(笑)。

この曲は、「恋はあせらず」と同じ頃に作ったので、約30年前の曲になります。
珍しく当時のコードを覚えており、過去に一度MIDIにしてあったので、比較的作業がスムーズでした。

イメージとしては、アルバムの最後にはっている隠しトラック?(レベルが違い過ぎますが、「Her Majesty」の感じ)で作りました。また、「Go Away!」と同じ寮の後輩が当時、歌詞を作ってくれたのですが、今見ると、まぁ、なんというか、アレだったので(笑)、今回、改めて作りました。

おそらく、全体的に不協和音ですが(それすら自信がない)、もちろん、理論や意図的なものではなく、完全に偶然の産物です。
そして、珍しく、アレンジは完全オリジナルです。

2021年11月21日日曜日

「White Road」

 
またまたまた、1週間でのリリースです。
出せる時に出しておく姿勢です(この後、何かあるらしい)。

この曲は、「Go Away!」と同じ頃に作ったので20代前半で作成し、今回は、MDからの耳コピになります。なので、当時とは若干違うかも……
(自分自分の曲なのにコードを忘れている上、自分の曲なのに耳コピできない(笑))

サウンドと歌詞からお分かりのとおり、クリスマス・ソングのつもりで作りました。
当初はもう少しベタな歌詞にするつもりだったのですが、制作当時、純粋に音楽的に合うかと思って世界的に有名な曲のフレーズを入れていたので、今回改めて歌詞を考えるにあたり、そのモチーフを活かしてみました(活きてるか?)。

今回は具体的なアレンジのレファレンスは特にないのですが(というか、ある程度クリスマス・ソングっぽい音色てありますよね?)、改めて「いつかのメリークリスマス」を聞いてみて、やはり、多大な影響を受けていることを実感しています……

2021年11月13日土曜日

「自画自賛」

 
またまた、1週間で出せました。

今回の曲は、前の2曲に比べるとかなり最近(と言っても、10年以上前)に作ったので、GarageBandから現在のDAW上に作り直しました。

この曲は、作成当時に入団していた社会人吹奏楽団の合宿で「大喜利」があり(なぜ?(笑))、「ある団員のデビュー曲のタイトルは?」というお題に、

「自画自賛」

という回答が出て、みんなで大受けしたのですが、それならば、ホントに「自画自賛」という曲を作ってしまおうというコトで作った曲です。
(なので、途中のソロは、その団員の担当楽器を想定しています)

実は先日、この曲をアップしようとしていた矢先に、その団員から突然、数年ぶりに連絡がありました。
虫の知らせですね〜
メチャクチャ嬉しかったです。

なお、今回のレファレンスは特にないのですが、この曲を作った当時に流行っていた、B’zの「Super Love Song」のリフに大きな影響を受けています。