2018年4月25日水曜日

人事と連綿

今日は大山に向けての大事な儀式(?)をしてから出勤。

あとは、19時の閉館までひたすら会議の準備。
その中には、賞状印鑑を押すという、年に1回の作業も含まれていました(笑)。

どうにか、できたとは思うのですが、毎年、何があるか分かりません。

せめて、アタマをスッキリさせるためにも、内田樹方式で、睡眠は確保したいトコロです(笑)。

……と、そんな時に限って、今までなったコトもないような、巨大モノもらいになってしまったのですが……

IMG 1991

インターネット、特に、SNSというシステムができてから、俄然、交流の途絶えていた昔の友達と再び連絡がとれるようになりました。

そんな中、フと思ったのですが、みんな、三つ子の魂は百までというか、十年一日というか、まぁ、簡単に言うと、当時と変わらないなと。

高校時代の友達は、今でも当時と同じ楽器をやっていますし(中にはプロになった先輩もいます)、大学時代の友人は、ダンス剣道を、今でも続けています。
もう少し抽象的にでも、当時からリーダシップにあふれていた友人は、今でもそういう活躍をしていますし、おもしろかったヤツはおもしろい(笑)。

まぁ、中には、当時のボクらの周りには、影もカタチもなかったカーリングを始めたヤツもいるのですが(笑)。

一方、ボクの方も、小学校以来の友人は、まだ、マンガを書いてるのかよと思っているでしょうし、中学以降の友達は、まだ、音楽をやっているのかと思うでしょうし、さらに、大学院以降の友人は、まだ、サッカーて言ってるのかよと思っているコトだと思います(笑)。

ずっと一つのコトを長い間続けるというのは素晴らしいコトだと思いますが、一方で、変化がないとも言えるかもしれません。

そういう意味では、ボクの場合は、やはり、この10年で、家族ができたコトが最も大きな変化かもしれません。
昔からボクを知っているヒト(最古参両親)は、それが一番信じられないコトでしょう(笑)。

一方、ボクの場合は、釣りフィギュアカメラといった、一時期熱中していたのに、今は全くというモノもあります。

そう考えると、ずっと続いているモノには、それなりに、自分にとっての必然性があるのかもしれません。

……というか、昔からの友人に言わせれば、こうやって文章を書き続けているコトが、最も「今だにやってるのかよ!」かもしれませんが(笑)。

2018年4月24日火曜日

峠越えと心の準備

今日は朝から、契約関係の大詰め。
まだ、少し残っていますが、こちらは今日が大山でした。

何分、初めてのコトだったので、いろいろ分からず不安だったのですが、結局、全く何事もなく、無事、終了しました(笑)。

これが済むと、また次に、全く別の契約を考えているのですが(笑)、今度はいろいろ相談が必要なので、今回とは違った難しさがあるかもです。

そのあとは、治療の続きに。

親知らず虫歯の治療なのですが、「一体、いつになったら終わるんだろう……」と思うくらい、削られまくりました(笑)。

ただ、それでも、全く麻酔なしで痛くなかったので、おそらく、神経が死んでいるのだとか。

そんな事態になっているとは全く気づかなかったのですが、神経が死ぬ時には、痛みはないのでしょうか……?

NewImage

ボクの最も敬愛する作家である森博嗣さんは、何事も非常に早い時期から計画を立てて準備し、ありとあらゆる想定をし、それらが起こった時の対応を全て整え、それでも、何事も起こらず、無事、済んだ時に、

「あ〜、がよかった」

と思うと書いています。

一方、こちらも敬愛する内田樹さんは、いろいろ心配しすぎると、人間、どうしてもその心配に対して払ったコストを回収しようとする、つまり、無意識のウチにその悪いコトが起こるようにふるまってしまう。だから、あまり心配しない方がよいとおっしゃっています。

一体、どちらが正しいのでしょう?
自己啓発書の類をたくさん読むようになると必ず両極端アドバイスに遭遇するという、いわゆる「どっちやねん!」問題です(笑)。

先日、ムスコが夕食の際、なぜか突然、

「案ずるより産むが易し」

と言い出しました(笑)。

それを聞いて、ボクは思わず、

「とぉちゃんには分からないけど、確かにそういう諺はあるモノの、そりゃ、実際には産む時の方が大変やろ」

と言うと、ヨメがすかさず、

「いや、それでも、やっぱり、その前にいろいろ心配していたコトに比べれば、産む時の方が覚悟も決まるし、それをするしかないので、そっちの方がいいわ」

と教えてくれました。

実は、前半に出てきた契約と歯の治療のいずれも、行く前にいろいろ感じていた不安に比べれば、実際はあっけない程何もありませんでした。

もちろん、今回は、それこそ運がよかっただけかもしれませんが、事前に想定できる事態には手を打っておくべきだけど、そうではない、起こるか起こらないか分からないような部分については、あまりシンパイしても、仕方がないかなと思った次第。

という訳で、今週、ついに仕事の大山を迎えます。

……やっぱり、漠然とした不安で眠れないんでしょうね……(笑)

2018年4月23日月曜日

訪問と学舎

今日は、週休日
これといった予定もなく、過ごしました。

そんな中、ムスコヨメと一緒にお友達のおウチへ遊びに行きました。
実は、ムスコは、昨日も別のお友達のおウチに行っており、2日連続となります。

ボクがムスコと同じ頃は、子どもも多く、また、団地だったので家も近く、さらに、田舎のため、クルマや各種のキケンなコトのシンパイもあまりなかったのですが、そのいずれの条件でも、現在のムスコにとってはハードルが高く、これまで、なかなか休みの日にお友達と遊ぶというコトがなく、少しシンパイしていました。

そんな中、少し前に、何気なく職場のおかあさん職員にそのコトを言うと、そこのおウチも共働きだったため、週末は家族で過ごす時間と完全に割り切っていたと教えていただきました。

それを聞いて、少し安心したのですが、まぁ、よく考えたら、彼らは放課後も毎日、学童ガッツリ遊んでるんですよね(笑)。

いずれにしても、ムスコにとっては少しずつそういった機会が増え、本人もとても喜んでいます。
自分の経験からも、学校時代は、なにより、友達を大切にして欲しいです。


NewImage

職場で他のヒトのハナシを聞いていると、他の職員さんの言うコト(するコト)や、場合によってはニュースで取り上げられている問題に対して、ことあるごとに、

「信じられへん!!」

憤慨している職員さんを見かけるコトがあります。

昔は、自分も全く同じで、自分が一番正しいと思っていたので(笑)、必要以上に他のヒトにハラを立てるコトが多かったですが、少なくとも今は、当時よりはそういったコトは少なくなったと思います。

それは、結婚して、自分とは違う(その多くは、全く正反対の)考えを、自分と全く同じ強さで信じているヒトがいるというコトを、痛いほど身にしみて学んだからです(笑)。

もちろん、職場でも、実はそういう考えの違いがぶつかる場面はあるのですが、なんとなく「アレっ?」と思っても、お互い「気のせいだろう」と、違和感は感じつつもその場は過ぎてしまいます(あとでお互いの大きな思い違いだったコトが判明する場合はありますが)。

しかし、一緒に生活していると、最初は「アレっ?」で済んでいても、いずれ、その違和感の正体ハッキリさせる場面が出てきます。

それも、まだ、2人の時はどうにかなりますが、子どもができると、ありていにいうと価値観の違いをごまかす訳にいかなくなります。

お互い、「なんで相手はそうなんだ!」と思う訳ですが、それがあまりに続くと(続くんや)、にわかには信じられませんが、自分と全く違う考え方を、自分と同じ強さで思っている人間がいるコトを認めざるを得なくなります。
(しかも、そのヒトとは、他のヒトよりも気が合うと思ったから、結婚している訳です(笑))

そういう経験があると、職場でも、自分には理解できない行動(たとえば、去年の同じ事業のファイルを、コピィして残さず、そのまま直して今年のファイルにしちゃうとか(笑))をする職員さんがいても、まぁ、そう考えるヒトもいるんやろうとは思えるようになります。

つまり、他人のいろんなコトに簡単にジャッジを下さなくなります。

昔だったら、

「あいつ、アホちゃう?信じられへんわ」

で済んでいたトコロが、少し立ち止まって、そのヒトがそう考えるのには、何か、自分が見落としてたり考えが及ばなかったりするコトがあるのかもしれないとは思うようにはなりました。
(なかなか、いつもという訳にはいきませんが……)

もちろん、結婚していなくても、そういったコトを分かっているヒトはいますし、逆に、結婚していたって、何かあると、間髪入れずに他人を叱責するヒトもいます(笑)。

ただ、やはり、そういったコトを学ぶ大きな機会かなと思います。


……という訳で、外のヒトに対してはだいぶ寛容になったのに(当社比)、どうして一番肝心なその現場では、なかなかそうなれないのでしょう……(笑)

2018年4月22日日曜日

完遂と評判

今日は週末業務のため、カウンタメインで、その合間に、市町村からの貸出依頼に対応。
さらに、その間隙を縫って、引き続き会議準備

さすがに、なかなかてんこ盛りでしたが、どうにか、予定していたコトはできました。

ただ、それも、幸いトラブルがなかったから……

システムも抱えているので、その不具合はもちろんですが、市町村対応の課でもあるので、そちらからの問い合わせ要望があると、一気に、状況が変わります。

今日は、ありがたいコトに、それらがなかったので(小さいのはありましたが(笑))どうにか終わりましたが、なんとも、綱渡りな……

NewImage

今週は、少し早めに「Kたくん」第49回こちらにアップしました。

実は、今朝、突然、ある職場の方に、

「「Kたくん」見てます。めっちゃおもしろい!読みだしたら止まらなくて、全部見ちゃいました。早く次のをアップしてください!!」

と言われました。

……正直、マンガを書いてきて、こんなコトを言われたのは生まれて初めてです……

という訳での、早めのアップです(笑)。

しかし、完全に自分の趣味だけで書いてきたので、そんなコトをいってもらえるなんて、本当に嬉しいです。信じられません。
ムスコのクラスでも、Kんたくんの次の第2の読者も生まれたそうなので、もしかしたら、70億分の5人から、少しは読者が増えているのかもしれません(笑)。

とにかく、ありがとうございます!
これからも、ガンバります!!
(とは言いつつ、これまでどおりに、あまり肩にチカラを入れずに(笑))

さて、そのあと、別のロック好きの職員さんに、

イトカムトビコって知ってる?」

と聞くと、

「あぁ、知ってますけど……」

という、低めのテンションでの応答。

そこで、

「あのバンドのアートディレクションをやってるの、オレの親戚(細かい関係はこの場では割愛)やねん」

と言うと、

「ええ〜っ!!マジっすかっ!!スゴいっ!!」

と、さっきのテンションは一体何だったんだと思うくらいのリアクションで、ボクの方がビックリしてしまいました。


……同じクリエータでも、レベルが違う……(笑)

KたくんNo 49

2018年4月21日土曜日

命令系統と少食

今日も粛々と事務作業

午前中に、毎年恒例の少し大きめの仕事をとりあえず提出できたので、一安心。
もっとも、それを受け取って次の作業をする課の方がよっぽど大変なのですが……

さらに、午後からは引き続き会議の準備。

やっと資料が完成し、それを関係者に投げて、漸く一安心……と思ったトコロに、電光石火ダメ出しが(泣)。

ずっと前から提示していて、なんらか昨日も対面で打ち合わせをしたのだから、その時に言ってくださいよ!という感じです……

少し前に上司は思いつきでものを言うという本がありましたが(笑)、まぁ、それだけちゃんと確認していただいていると思えば、実にありがたいコトなのかもしれません。

というか、今日はそれとは別件で、ボクが持ってきた仕事を、全部その上司にやっていただいたのですが(ちなみに、一番エラい方(笑))。

NewImage

もちろん、自分ではその具体的なデータは持っていないのですが、一説によると、人間は一食あたり3時間の睡眠が必要で、だから、だいたい9時間の睡眠が必要だという話を聞いたコトがあります。

逆に言うと、1日2食なら6時間、1食なら3時間睡眠で済むというコトです。
(ちなみに、全く食べないを続けていると、ある意味、睡眠は必要なくなります)

一時期、少食1日1食の本が流行りましたが、実際、数日前から朝食を完全に抜いて、2食にしたトコロ(それでも、やっぱり体重は変わりませんが(笑))、なんと、6時間で自然に目が覚めるようになりました(て、一体、何時間寝てたんだよ)。

しかも、空腹だと、脂肪を使うために、なんか、カラダ燃焼している感覚が分かります(それでも、やっぱり体重は変わりませんが(笑))。
また、アタマもスッキリしまます。

もちろん、誰にでも勧められる訳ではないですし(当然、子ども達には言いません(笑))、効果もヒトそれぞれだとは思いますが、まず、食事の量が減るコトで、時間お金が節約できますし(さらに、痩せる可能性も上がる)、睡眠が少ないコトで、さらに、時間が増えます。

もう少し続けてみないとエラそうなコトは言えませんが、少食・短睡眠は、時間のないあなたにこそ、必要なコトかもしれません。


……まぁ、昼休みがめちゃくちゃ眠いんですが(笑)。

2018年4月20日金曜日

器と頻出

今日も来週の大山に向け、午後から出張打ち合わせ

その間に、〆切仕事突発事項に対応していると、いつものごとく、アっという間に時間になってしまいました。

ただ、今日は、昨年からずっと懸案だった案件を外部の方にダメ元でお願いしたところ、ビックリするくらい快諾していただき、本当に助かりました。

その他にも、前年度から、外部の方に大変なお願いをいくつかしているのですが、なんでみなさん、あんなに感じよく引き受けてくださるのでしょう……?

ボクなど、どうにかして、なるべく仕事を減らそうとしてしまう方なので、ありがたいやら、申し訳ないやら……

とにかく、こちらからお願いした以上、できるだけのコトはしなければなりません。

ありがとうございます!!

NewImage

昨日、早くも「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」リリースされたので、毎朝、少しずつ見ているトコロです。

ボクは、最初に見た時も、世間で言われる程には失望しなかったのですが、ただ、さすがに、宇宙空間から戻ってくるレイアは……

それはともかく(笑)、新シリーズに2作とも出演しているフィン役のジョン・ボイエガさん

何かの機会に、パシフィック・リム アップライジングにも出演していると聞いていたのですが、実際に同映画を見てみても、どこに出ているのか分かりません……

というくらい、フィンの時と印象が違っていて、ビックリしました。

なんというか、非常に精悍というか(フィンも精悍ですが(笑))、ザ・サークルの時にはスグに「あ、フィンだ!」と分かったのですが、結局、最後までボイエガさんか確信がもてませんでした。

外形的には口ひげと、フィンの時に比べると痩せているという違いだと思うのですが、佇まい・雰囲気が全く違います。
SWの時は、もっとコミカルな印象を受けます)

ただ、どんな方法にせよ、同じヒトがアレだけ雰囲気を変えられるなんて、改めて役者さんてスゴいなと思いました。
(これまで、あまりそんなコトを感じたコトがなかったので)

それにしても、また、「エピソード9」の撮影の時は、太り直す(?)のでしょうか?
まぁ、奥歯を抜いたりするよりはマシなのかもしれませんが……

という訳で、おそらくボクが昨年から今年にかけた見た映画は上記の3作品だけだったと思うのですが(少なすぎ)、その全てにボイエガさんが出ていたコトになります。

……一体、どのチカラ趣味とカブってるんだろ?(笑)

2018年4月19日木曜日

新発想と予定外

今日は途中に、わざわざ宮崎県からいらした視察を挟み(と言っても、ボクは座ってただけですが)、それ以外は、引き続き各種の調整お願い作業。

新聞にも載っていたようなのでいいと思うのですが、知事選が終わり、今年の異動6月1日"目処"と下りてきました。

ボクが主張しているコトは、司書採用なのだから、司書特有の仕事をさせてくれというコトと(もちろん、司書も公務員ですし、行政の人間ではありますが、別に図書館に勤務したかった訳ではない方や、図書館以外で行政の仕事を専門でしていたヒトは他にいるのです)、ヒトをマネジメントする業務は、性格的にも能力的にも家庭状況的にも向いていないというコトです。

一貫して同じ主張をしているのですが、聞いてもらえません。

まぁ、しかし、組織の人間なので、イヤなら辞めろというハナシなのは良く分かっています。

さて、どうなるでしょう?

ちなみに、ある機会に、かつての職場の先輩にも相談してみたトコロ、

「それは、大きな失敗をすればいいんや」

とのコト。

……その発想はなかったわ!(笑)

NewImage

少し前にも書きましたが、その後もなかなか体重が落ちません。

……というか、全く落ちません(笑)。

約10年前の15キロ減量の際は、ちょうど「レコーディング・ダイエット」が流行っていた時で、ボクもほぼその方法で痩せました。
なので、その後、ちょっと体重が増えてきても、数日、体重計に乗って気にしていたら、スグに元に戻っていました。

しかし、今回は、それだけでは全く変化がないので、いよいよ10年前の方法、つまり、(これまでもほとんど食べてなかったのですが)朝食を抜き、ランチもサンドイッチ1個に戻し、なんなら、当時以上にお酒も止めてるのですが、それでも、全く結果コミットできません(← 言いたいだけ)。

まぁ、職場のヒトなら、

「わがが飲んでる、あの黒い液体のせいやろう!」

と言われそうですが(笑)、それにしても、体重が落ちにくくなっているのは事実のような気がします。

やはり、10年で、さらに新陳代謝が落ちてるんですね。
ツメも伸びませんし……(笑)

まぁしかし、考えようによっては、摂取している食物の量が減っているのに、脂肪分が減らないというのは、生物的には非常に優秀ですよね。


……その能力を活かす機会が来たら、それはそれで困るのですが(笑)。