2018年6月25日月曜日

ピアノ発表会とセネガル戦

今日は、2人のピアノ発表会
ムスメにとっては2回目ムスコにとっては、早くも4回目になります。

……ちなみに、昨年は、ボクもムスコとの連弾で出演しましたが、今年はお役御免になったので、安心して見るコトできました(笑)。
ヨメお義母さんは、引き続き出演)

子ども達は、それぞれ3曲ずつソロ連弾合唱 or 合奏)で出演したのですが、さすがに緊張からか、ほんの数カ所ずつミスはあったモノの、最後まで堂々と演奏できました。

ミスをしても、そこからスグにリカバリィが利くあたりが、毎日の練習の積み重ねだとしみじみ思いました(ボクと違って(笑))。

そして、3曲に合わせ、それぞれ3回のお色直し(汗)。
ムスメにいたっては、念願かなって、今年は3種類のドレスを着るコトができた上、合唱では、なぜかセンタでした(笑)。

また、今日は、そのドレスを貸してくださったヨメの職場の同僚の方も、お嬢さん達と一緒に見学に来てくださいました。

さらに、その上、2人の演奏後に花束まで……

こちらも、昨年の発表会で、他のコにはあったのにムスメにはなかったのにで、ムスメにとってはあこがれだったのですが、それもお陰さまで叶いました。

見学に来てくださっただけでも申し訳ないのに、そこまでしていただいて、本当にありがたいです。

また、今年も、お義父さんとお義母さん、また、先生にも、大変、お世話になりました。

本当にありがとうございました!

そして、帰宅後は、なにかっちゃぁの焼き肉で打ち上げ。

生徒さんが激増し、発表会だけで4時間半の長丁場でしたが(笑)、とても楽しく、充実した発表会でした。

Fullsizeoutput 30ee

そして、運命のセネガル戦

……惜しいっ!!

……いや、よくガンバった。

……でも、惜しいっ!!

……いやいや、よくガンバった。

……で、でも……(以下続く)

選手もこちら側も、コロンビア戦の時と違って、勝ち点1では、全然、満足できなくなっていますよね。

なんか、今日は見てても、全くアセるコトなく、必ず追いつくだろうと確信を持って見ていられました。

さて、次はポーランド戦

日本代表は、南米アフリカの国より、ヨーロッパ強豪国に対しての方がいい試合をしてくれるので(単なる個人的印象)、きっとスッキリ勝って、決勝トーナメントを決めてくれるでしょう!!

……ほんの一週間前は、全敗が大勢の見方だったのに……(笑)

2018年6月24日日曜日

ライブと「Kたくん」

今日は、KYOTO OKAZAKI LOOPSという音楽イベントの一環として、閉館後の我が館で、青葉市子さんライブが約1時間、行われました。

恥ずかしながらよく存じ上げなかったのですが、職員の中に熱烈なファンがいて、彼の意見を参考に、AppleMusic付け焼き刃の勉強をしてから臨みました(笑)。

彼が言うには、今日のセットリストもライブ自体も、非常によかったそうです。
あと、終了後に近くでご本人をお見かけしたのですが、小柄でビックリしました。
というのも、ライブ中は、遠くから見ていたはずなのに、もっと大きく見えたのです。

これがオーラというヤツでしょう……

ライブ終了後は、お客さんの入場時に、それぞれ違う本の所蔵レシートを渡しておき、その本にいきつくと、青葉さん直筆しおり(コピィ)が挟んであり、それをプレゼントするという企画がありました。

当時の担当者がパパっと考えた企画なのですが、当館の本のコトも分かってもらえますし、図書館でやる必然性もあり、さらに、お客さんにも喜んでもらえるという、実にスバラしいアイディアだと感心していました。

こういうのを、簡単に思いつくヒトがいるんですよね……

ただ、ボクも、別の分野については、あまり他のヒトが思いつかないコト(とは思っていないのですが)を思いつく時があります。

みんなが得意なトコロでアイディアを出し合えば、もっとステキなコトになると思うのですが、肝心なのは、自分は思いつかなくても、そういったモノを全体的にコーディネートするヒトなんですよね……

IMG 2157

今週も「Kたくん」第58回を、こちらにアップしました。

かように味音痴な我が家の男性陣ですが(苦笑)、ただ、おいしいと感じるセンサだけは非常に感度がよいので、それで充分幸せです。

他の家族とご飯を一緒に食べる機会があると、ボクがあまりに「ウマい!」を連発するので驚かれるのですが(笑)、ボクだって、ウマくないモノには何もいいません。

いつも、本当にウマいと感じられるのです。
それも、常に「声出た」というレベルで(笑)。

どう思われたいのか分かりませんが、料理についていろいろ語るヒトがいますが、そんなコトはできなくても、いつでも、どこでも「おいしい」と感じられるので、こんな幸せなコトはありません。

……ただ、ヨメとしては、いつもくらいれる程ボクが味音痴なのは知っているので、そんな舌の持ち主に褒めれれても、あまりウレシくないかもしれませんが……(笑)

KたくんNo 58

2018年6月23日土曜日

前夜と進化

今日は、遅出出勤

カウンタを挟み、来週からの事業に向けての作業を進めました。

職場的には、明日の夜に大きなイベントがあり、閉館前からその準備が始まっていました。

ボクもそれに合わせ、明日は、今日よりさらに遅い時間の遅出出勤なのです(笑)。

IMG 2156

という訳で、コスタリカ VS ブラジル
実に、スバラしい試合でした。

強豪国の場合、ピークを後にもってこなくてはいけないという部分はあるでしょうが(アルゼンチンは、どうも、それだけが理由ではないような気がしますが)、確実に、全ての参加国のチカラが拮抗してきていると思います。

ネイマールが、彼にかかる重圧と共に、そのコトを物語っていたように思います。

まぁ、出場国が48カ国になった時は分かりませんが……

さて、今大会からいくつかルール変更がなされていますが(延長戦選手交代枠とか)、最も大きいのは、やはり、VARでしょう。

まだ、レフリィ選手も、そして、観客ももうひとつ乗り切れていない部分はありますが(笑)、今後はAIも活用されるようになるでしょうし、さらに早く、正確なジャッジがくだされるようになると思います。

ルール改正といえば、ボクがサッカーを見始めた頃は、味方キーパへのバックパスはいくらでも手で扱ってよかったですし、マルチボールシステムもない、実にのどかなモノでした(笑)。

一方、キックインは、一瞬だけでなくなりましたし、前転しながらのスローインも禁止されましたね(笑)。

いずれにしても、ルール改正は、基本的に見ていて楽しいようになされるので、選手にとっては大変なモノもあると思いますが、これからも、後から振り返った時に、

「え?それが禁止されてなかった?」

と、驚くような改正もされていくでしょう。

バサロのように……(笑)

2018年6月22日金曜日

リハーサルと懸念

今日も引き続き調整作業

ただ、関係するトコロが10ヶ所を越えると、なかなか三方良しという訳にはいかず、難航します……

夕方は急いで帰り、今週末にある子ども達のピアノ発表会ゲネプロ(よく知らない)への対応。

それ自体はウマく行ったようなのですが、今日になって、ムスコが毎年着ている一張羅が、いつの間にかパッツンパッツンになっているコトが判明。

今年は、どうにかそれでいくコトになりましたが、ちょっとピチTみたいになってます。

演奏に影響がなければいいのですが……(笑)

IMG 2155

昨日の夜はポルトガル VS モロッコ、今日は、デンマーク VS オーストラリアを鑑賞しました。

クリスティアーノ・ロナウド以外、特にお目当ての選手はいなかったですし、オーストラリアに友人がいる以外、これといってボクにとっては特にゆかりのない国同士の対戦だったのですが(THE RIPPINGTONS「MOROCCO」という曲は大好きですが(笑))、それでも、見始めると、結局、最後まで引き込まれて見てしまいます。

国の代表同士の対戦であるW杯より、クラブチームの対戦であるチャンピオンズリーグの方がレベルが高いというハナシはよく聞きますし、実際、そのとおりなのかもしれませんが、チームとしての成熟という観点からはそうだとしても、なんというか、母国の威信をかけているという点で、W杯は気合が凄まじく、こちらまで熱くなってしまいます。

今でも十分面白いのに、このあと、さらに強豪同士の対決になっていくと思うと、楽しみで仕方ありません。

……睡眠時間以外は……(笑)

2018年6月21日木曜日

講師とレビュー

今日の午前中は、司書課程の授業の一環で視察に来てくれた大学生のみなさんへの対応。

午後からは、引き続き地震で延期になった件への対応等。

職場には、大阪在住で、地震の影響で自分の生活に大きな支障をきたしながら出勤している職員もいます。

ヒドい雨も続いていますし、とにかく、どうにかこのまま沈静化してくれるコトを祈るばかりです……

IMG 2154

昨日の試合は、子ども達寝かしつけが済んでから見ようと思っていたのですが、昨日に限ってトラブルがあり、そこまでに時間がかかり、ほとんど試合の前半は諦めていたのですが、どうにか開始2分の段階で寝かしつけが終了し、テレビをつけた瞬間にレッドカードが提示されました。

いずれにしてもビックリしましたが、さらに、その時点はどちらに出たかの分からず、思わずキモを冷やしました(笑)。

いくらコロンビアとはいえ、ほとんど最初から10対11だったコトを思うと、もう少しやってもらいたかったというのが正直なトコロですが、それでも、やはりこの1勝はとてつもなく大きい。

香川選手は、試合の冒頭こそ、先日のパラグアイ戦を思わせるキラメキがありましたが、なぜか、途中から消えていましたね。

そう思うと、本田選手の投入は理にかなっていたのかもしれません、

ただ、せっかく出場したのにもかかわらず、思わず、

「キミは、メッシじゃないんだから……」

と言いたくなるような緩慢な動きはいただけません(苦笑)。
個人的には、非常に期待しているのですが……

それに比べると、原口選手のガンバりは、感動的でした。
まさに、これぞデュエル!といった感じでした。

他にも、長友選手気合は伝わってきましたし、個人的には、柴崎選手タイプの選手が、やはり好みですね……

連日、ちょうどいい時間にハイレベルな代表戦が毎日見れるという夢のような日々ですが、そのような中なので、日本の試合もその一環として、昔に比べれば冷静に見れるだろうと思っていたのですが、やはり、ダメでした(笑)。

コロンビアも、前評判どおりスゴいチームだったので、ぜひ、ボクが初めてW杯に触れたアメリカ大会の時のような悲しいコトはないようにと願います。

とにかく、これでがぜん、おもしろくなってきました。

あとは、夜中の12時と、翌日仕事の夜11時開始か……(笑)

2018年6月20日水曜日

翌日対応と白星スタート

今日は朝イチから、昨晩、ヨメ友人からいただいたデュエル・マスターズの(文字どおりの)レア・カードを受け取ったムスコが、ご近所が起きるんじゃないかというくらいの大声で喜んでいました(笑)。

毎日、一袋ずつ開けるそうです。

本当に、ありがたいです。
ありがとうございました!!

その後、午前は、某表彰式へ。

昨年のボクの課の仕事のウチのひとつが受賞対象だったのですが、担当者が異動となったため、仕方なく(?)、何もしていないボクが代理で出席してきました。

それにしても、賞状を受け取るなんて、何十年ぶりでしょう……

その中で、他の受賞者を代表して、ある女性の方がスピーチされたのですが、仕事と家庭の両立に悩んでいた経験を話され、ご本人だけでなく、会場の涙も誘っていました。

子どもって、どうして、親が大変な思いをしてつくった夕飯より、マクドの方を喜ぶんでしょう……(笑)

午後から出勤したのですが、昨日の地震の影響で、かなり混乱していました。

今週、対外的に予定されていたイベントも、軒並み延期になったのですが、我が課の仕事は市町村相手なので、連絡と調整が結構かかります。

しかし、こちらよりも、先方にいろいろご迷惑をおかけしてしまいますし、なにより、場所によっては、実際に被害にあった施設もあったので、それどころではないと思います。

とにかく、このまま収束するコトを……

IMG 2149

……ニッポン!!

2018年6月19日火曜日

地震と立場

今日は、週1回のまとめ作業日……

……のはずだったのですが、みなさんご存知のとおり、朝に近畿一円に大きな地震があり、その影響で登校直後臨時休校になったため、スグに子ども達のお迎えに行き、そのまま1日、家で3人で過ごしました。

ボク自身は、地震の瞬間は、立って玄関掃除をしていたため、イヤな音の地震だとは思いましたが、それ程、揺れは感じませんでした(あとで、キンギョの水がこぼれているのに気づいた程度)。

むしろ、その直後に双方の実家や、埼玉の友人から安否確認が来たので(ありがとうございました!)、かえって驚いていたのですが、あとでテレビを見て、事情が飲み込めました……

ヨメ神戸出身で、阪神淡路大震災被災者なので、地震への思いは、ボクの想像を絶するモノがあると思います。

一方、ムスメは、幸い、生まれてからこれといった地震がなく、今回が自分でハッキリ分かる初めての地震だっため、1日中、とても怖がっていました(ムスコは、気が付かなかったらしい……)。

関東は、比較的地震が多いので、ボクは地震自体には慣れているのですが、やはり、家族がいると、全く捉え方が違います。

本人は大丈夫ながら、職場の同僚の中には、かなり、ウチに被害にあったヒトもいるようです。

どうか、このままおさまって欲しいのですが……

IMG 2148

さて、これでも名ばかりとはいえ課長なので、地震のあと、課員の安否を報告するように、職場から指示がありました。

しかし、前述のように、子ども達のお迎えやその後の措置等もあり、その作業がすっかり遅くなってしまいました。

一方、何人かに連絡する必要があるので少し時間がかかり(ちゃんと自分から連絡してきてくださった課員もいました!)、不安に思っている子ども達へのケアが充分にできなかった部分があると思います。

このように、何かあった時にどちらの対応も中途半端になるので、前からを外してもらうよう強く要請しているのですが、全く聞いてもらえません。
職場でボクの代わりはいくらでもいても、子ども達にとっては替えの利かない存在であると思うのですが……(多分)

ただ、それ以前に公務員なので、潜在的には、有事の際に「私」より「公」を優先する義務があると思います。

子どもさんがもっと小さかったり、親御さんのお世話が必要な先達達は、このあたりの兼ね合いを、どうとってこられたのでしょう……?